会長挨拶
会長写真
社労士ネット
会長入来院 重宏
「農業で働く人々の意欲の向上に寄与したい」
    現在、農業は、規模拡大や法人化、6次産業化などに伴い、経営を支える基幹労働者に加えてパートタイマー、短期・季節的労働者など多くの雇用労働力を必要とする経営が増加しており、これら従業員の労務管理は一般企業並み、あるいはそれ以上に複雑・多様化しています。
  また、農業を地域の雇用の受皿にしようとする動きもあり、農業をめぐる労働環境は大きく変化しています。 また、就農する若者が増加している一方、離農する若者も減らない状況があり、労働条件の改善、福利厚生の向上などが大きな課題に上がってきています。
  社労士ネットは、雇用・労務管理の専門家集団として、全国各地で“点”で活動している社労士を線で結び、“面”へと活動を広げ、農業の雇用に関する条件整備を支援していきたいと考えています。具体的には、仝柩儔善の普及啓発、農業法人などへの雇用・労務管理の改善に向けた相談、O働保険、社会保険への加入促進、げ餔間の情報共有と意見交換――を重点とし、農業者はもちろんネットに参加する我々社労士にもメリットのあるものにしていきたいと思っています。
  今、明るい未来を描き農業を職業として選ぶ若者が増えています。我々社労士ネットは、明るい未来を信じる人々の希望が萎まないよう、働く意欲向上へ少しでもお手伝いできればと思っています。