〜全国の遊休農地の現状が把握できます〜

 担い手の高齢化、農家戸数の減少や米価を中心とした農産物価格の低迷などから耕作放棄地や不作付け地などの遊休農地が増加傾向にあります。

 「食料・農業・農村基本計画」では、食料自給率向上のための優良農地の確保・有効利用を目標として掲げており、これを実現するための遊休農地の発生防止・解消に向けた取り組みが重要課題となっています。

 この遊休農地対策データベースは、農林水産省統計情報部が実施した「平成12年度遊休農地実態調査」の結果を基に、全国農業会議所が都道府県別、市町村別に加工・集計したものを中心に、下の1〜3から構成されています。

 今後、遊休農地の解消事例や利用可能な遊休農地の詳細情報等も掲載を予定するなど、全国レベルでの遊休農地対策のデータベース化を図ることとしています。

 本データベースは、農林水産省の遊休農地解消総合対策事業の一環として構築したものです。市町村・農業委員会 ・農協など、現地で遊休農地の解消を総合的に推進している関係機関・団体等の皆さんに幅広くご活用頂きますようお願い申し上げます。


1.都道府県別、市町村別の遊休農地面積一覧の表示都道府県別一覧

    「平成12年度遊休農地実態調査」の結果に基づいた都道府県別、市町村別の遊休農地面積や活用可能性などが表示されます。

 

2.農業集落別遊休農地面積一覧の閲覧・入手データダウンロード

   「平成12年度遊休農地実態調査」の結果に基づいて再集計した都道府県別の(農業集落単位)遊休農地面積データ等のダウンロード・保存ができます。

 

3.遊休農地活用情報と解消事例の掲載と検索解消事例・活用情報検索

    利用可能な遊休農地の詳細情報(所在地、利活用の方向等)を、所有者の了解の下に ホームページ上で一定程度公開し、遊休農地の利用希望者(認定農業者、新規就農者等)に対して情報の提供を予定しています。
    解消事例は、これまで全国農業会議所、都道府県農業会議等が収集した遊休農地解消事例等を、今後掲載していきます。