カテゴリータイトル

鳥獣害対策

すべての記事を読む

ストップ鳥獣害(98) 誰でも簡単に設置可「わな造君」 高知市 西川製作所、大永造船

 高知県では、高知市の西川製作所と大永造船(株)が2013年に開発したくくりわな「わな造君」の設置により、猪と鹿の捕獲頭数が急激に伸びた。県内の各市町村に同製品を配布。2013年から2015年の3年間、同製品で猪と鹿を合計2051頭捕獲した。
 2014年、同県の鳥獣被害額は2億8500万円で、そのうち鹿が43%、猪が33%と全体の4分の3を占めていた。防護柵による対策のみでは、2025年の被害額は2倍になると予測されていた。狩猟免許所持者数も年々減少していることを踏まえ、誰でも簡単に設置できるわな作りが必要だと考えた。

写真上=わな造君

写真下=御用で御猿。箱の中にピンでひっかけたエサを入れておく

 [2017-10-6]