カテゴリータイトル

経営 技術 流通

すべての記事を読む

FRONT LINE 豪雪地帯でラズベリー特産化 耕作放棄地活用し生産拡大

山形・舟形町 舟形ラズベリー会

 甘酸っぱく、洋菓子の材料として需要が多いラズベリー。ほとんどが輸入物だが、高品質な国産は評価が高く、生産量が少しずつ増えている。山形県では、県北部の豪雪地帯でサクランボに代わる作目として注目され、耕作放棄地を活用した生産が伸びている。

写真説明=傷まないよう手袋をして丁寧に収穫する沼沢さん

 [2017-10-13]