カテゴリータイトル

地域活性化

すべての記事を読む

列島最前線 かんがい施設などの整備機に若い子育て世代の定住進む

岩手・一戸町 摺糠地区農地・水・環境保全会

 東北有数のレタス産地で知られる岩手県一戸町の摺糠(すりぬか)地区では、畑地かんがい施設などの基盤整備をきっかけに、若い子育て世代のUターン・定住が進み、人口減少対策に一定の効果が表れている。農業経営の安定と住環境の向上を実現したことで、3世代同居が増加。農業を営みながら、安心して子育てのできる環境が若い世代を引き付けている。

写真説明=基盤整備が進んだ摺糠地区

 [2017-10-13]