カテゴリータイトル

農政の動き

すべての記事を読む

コメ海外市場拡大、33社名乗り

 農水省は10月31日、9月に開始したコメ海外市場拡大戦略プロジェクトの参加状況を取りまとめた。同プロジェクトは「2019年に米や米加工品の輸出額600億円」との目標達成に向け、戦略的に輸出に取り組む事業者と産地の連携を後押しするもの。2019年までに、米輸出量を現在の約10倍の10万トンまで拡大することを目指している。
 同日時点で33の輸出事業者が手を挙げ、目標数量は合計で12.5万トン。重点的に輸出を拡大するターゲットには、中国や台湾、欧州連合(EU)など15の国や地域を提示した。産地としては181の団体・法人や、都道府県単位の18団体、全国単位の1団体が参加している。
 同省は今後も引き続き輸出事業者や産地の参加を募り、マッチングを推進していく。

 [2017-11-10]