カテゴリータイトル

経営 技術 流通

すべての記事を読む

新品種 縞葉枯病に強い稲WCS 関東以西の多発地域でも栽培可

 農研機構西日本農業研究センターはこのほど、牛の飼料に使う稲WCS(ホールクロップサイレージ)用の新品種「つきすずか」=写真=を育成した。従来品種の「たちすずか」より縞葉枯病に強いため、関東以西の縞葉枯病多発地域でも栽培できる。

 [2017-11-10]