カテゴリータイトル

経営 技術 流通

すべての記事を読む

2017年度全国優良経営体表彰農林水産大臣賞(2) 経営改善部門

岐阜・本巣市 アグリード(株)

 アグリード(株)(安藤重治代表、41)は、農地中間管理事業などを活用して110ヘクタールを集積。主食用米・飼料用米・小麦・大豆・野菜の生産に加工などを組み合わせた多角経営を基幹作業員4人で実践している。これが可能なのは、品目の作期を分散させて綿密な作業計画をたて機械や作業員がフル稼働しているためだ。
 48ヘクタールの主食用米では、自社販売およびJAの播種前契約で岐阜県の主力品種「ハツシモ」をはじめ10品種を作付ける。2016年からは、ICTを導入し、圃場管理や作業情報などの生産管理方法をデータベース化した。作目や圃場ごとに目標数値を明確にし、生産にかけたコスト、収穫・販売の成績や収益などを従業員と共有し、経営体としての意識を高めている。
 
写真説明=地域農業の担い手として活躍するアグリードの作業員たち(左から2人目が安藤さん)

 [2017-12-1]