カテゴリータイトル

農業委員会関係

すべての記事を読む

農委活動の道しるべ(80) 果樹農業の農地流動化(6) 三重大学大学院生物資源学研究科教授 徳田 博美

 先進事例なども踏まえ、果樹園の流動化を地域として取り組んでいく上で留意すべき課題を整理しておきたい。
 第一に、改植などを行う場合、有益費補償などのルールの明確化と地域での合意を図っておくことである。今後、担い手に園地を集積していく上で、借り手は省力的な栽培体系を取り入れ、それに適合した植栽様式に改植することが増えると考えられるため、重要性が増してくるであろう。

 [2018-1-1]