カテゴリータイトル

農政の動き

すべての記事を読む

面積要件など緩和 ルネッサンス関係事業 2018年度に400億円措置 農水省

 農水省は2018年度予算で400億円を措置した「中山間地農業ルネッサンス事業」に関係する各種事業の要件を緩和するとこのほど明らかにした。
 農業競争力強化基盤整備事業で農業者の費用負担分を国が全額負担する農地中間管理機構関連事業は、受益面積要件を10ヘクタール以上から5ヘクタール以上、水利施設等保全高度化事業(特別型)の受益面積要件を20ヘクタール以上から10ヘクタール以上に緩和する。
 多面的機能支払交付金は、広域活動組織の設立要件を農用地面積が100ヘクタール以上から50ヘクタール以上または3集落以上での組織の構成に変える。中山間地域等直接支払交付金では、集落戦略の作成期限を2017年度末から2019年度末に延長する。

 [2018-1-12]