カテゴリータイトル

経営 技術 流通

すべての記事を読む

人手不足時代(3) アルバイトをリレー方式でつなぐ 北海道・愛媛・沖縄のJA

 農繁期の労働力を確保するため、北海道のJAふらのと愛媛県のJAにしうわ、沖縄県のJAおきなわは、昨年から農作業アルバイトをリレー方式でつなぐ取り組みを始めた。季節ごとに各地を移動するアルバイトは少なくないため、安定した労働力の確保と、作業に慣れたリピーターを確保しようという試みだ。
 バイトリレーは、柑橘農家の収穫・運搬作業のアルバイトを募集しているJAにしうわ(2月23日付で紹介)が、農繁期が重ならない両JAに安定的なリレーシステムができないかと呼びかけて始まった。

写真説明=スイカの収穫作業に汗を流す農業ヘルパー(アグリプラン提供)

 [2018-3-2]