カテゴリータイトル

農政の動き

すべての記事を読む

卸売市場法の条文案了承 土地改良法の骨子案も 自民党

 自民党の農林・食料戦略調査会と農林部会は2月23日の合同会合で、卸売市場法と食品流通構造改善促進法を改正する法案の条文案を了承した。閣議決定を経て今国会に提出する予定。会合では、土地改良法や農薬取締法の改正法案の骨子案も了承した。
 許認可制から認定制へと変更する卸売市場の認定要件は、市場の開設者が守る事項と卸売業者などの取引参加者が守る事項に区別して記載。開設者には取引参加者を不当に差別しないことや卸売りの数量・価格の公表など、取引参加者には差別的取り扱いの禁止や取引方法・条件の公表などを定めた。決済の確保のため、卸売業者には事業報告書を開設者に提出し、申し出があった場合は閲覧可能とすることも書き込んだ。

 [2018-3-2]