カテゴリータイトル

農政の動き

すべての記事を読む

植物新品種の品種登録を電子化 26日から

 農水省は種苗法に基づく植物新品種の品種登録に電子出願と電子納付を導入する。日本の品種登録件数は年間千件ほどと、世界で5番目に多い。出願手続きなどを電子化することで、利用者の負担を軽減し、利便性を向上する。
 電子出願は品種登録ホームページ(http://www.hinshu2.maff.go.jp)から出願システムに入り、必要な情報を入力。出願料(4万7200円)の納付は電子決済サービスのペイジーを利用して行う。
 電子サービスは26日から開始する予定としていて、引き続き郵送(紙)による出願も受け付ける。

 [2018-3-2]