カテゴリータイトル

農政の動き

すべての記事を読む

2017年産の荒茶生産量、平年並み 農水省

 農水省は2月20日、2017年産の荒茶生産量が主産県で7万8800トン(前年産比2%増)と発表した。摘採実面積は3万4500ヘクタール(同1%減)、10アール当たりの生葉収量は1070キロ(同3%増)、生葉収穫量は36万9800トン(同1%増)だった。
 都道府県別の生産量は、静岡が3万800トン、鹿児島が2万6600トン、三重が6130トン、宮崎が3770トンの順だった。

 [2018-3-2]