カテゴリータイトル

農政の動き

すべての記事を読む

飼料用米の多収日本一が決定

 日本飼料用米振興協会と農水省は2月23日、2017年度の飼料用米多収日本一の受賞者を発表した。単位収量の部は、「きたげんき」で968キロを記録した北海道美唄市の河野享功さんが最高賞に輝いた。多収日本一は昨年度から始まり、本年度が2回目。前年度の最高賞よりも36キロ増収した。

 [2018-3-2]