カテゴリータイトル

地域活性化

すべての記事を読む

列島最前線 秩父産メープルの魅力を発信 埼玉・秩父市 MAPLE BASE

 山々に囲まれた埼玉県秩父市では、8年ほど前から未来につながる森づくりを目指し、自生するカエデの樹液からメープルシロップを作る取り組みが行われている。ふるさとのこの活動に感銘を受けた井原愛子さん(36)は地元に戻り、2015年に起業。自らも製造・販売を始め、飲食や体験イベントも手掛けるなど、秩父産メープルの魅力を地域内外の人々に伝えている。

写真説明=ふるさとの森づくりに感銘を受け、起業した井原愛子さん

 [2018-3-2]