カテゴリータイトル

農政の動き

すべての記事を読む

総需要量573万トン 2018年度麦の需給見通し

 農水省は3月28日、2018年度麦の需給見通しを策定した。総需要量は過去7カ年平均から573万トンと見通した。内訳は国産小麦が83万トン、米粉用米が3万トン、外国産小麦が487万トン。輸入量は備蓄数量の増減を踏まえ487万トンとした。同日の食料・農業・農村政策審議会食糧部会の審議を経て決めた。

 [2018-4-13]