カテゴリータイトル

経営 技術 流通

すべての記事を読む

FRONT LINE ギャバ米で消費拡大へ 鳥取 JAとっとり西部

 鳥取県のJAとっとり西部では昨年、伯耆町にあるカントリーエレベーター施設内に、国内最大級のGABA(ギャバ)米生成装置を導入した。米の消費が減り続ける中、消費者の健康志向に応える新たな需要を開拓しようというもの。販路を全国に広げて主食用米の増産につなげ、利益を組合員に還元するとしている。

写真説明=ギャバ米生成装置

 [2018-5-11]