カテゴリータイトル

農政の動き

すべての記事を読む

豪州への生鮮牛肉輸出再開

 農水省は5月29日、豪州向けの生鮮牛肉の輸出が17年ぶりに再開したと発表した。厚労省の認定を受けた輸出施設で処理した牛肉が条件。施設の認定基準は米向けの要件に準じる。同国への牛肉輸出は、牛海綿状脳症(BSE)の発生により、2001年9月から停止となっていた。

 [2018-6-8]