カテゴリータイトル

農政の動き

すべての記事を読む

20年の歴史に幕 ごはんを食べよう国民運動推進協議会

 ごはんを食べよう国民運動推進協議会が8月31日、解散した。同協議会は1995年の阪神・淡路大震災で米などの食料の重要性への認識が高まり、被災地の兵庫県を中心に1999年発足。全国で米の消費拡大や食育のイベントなどを先導してきた。運動が各地に根づいたため、同日の総会で解散となった=写真。運動の理念は米穀安定供給確保支援機構が引き継ぐ。

 [2018-9-7]