カテゴリータイトル

農政の動き

すべての記事を読む

2019年度予算概算要求 鳥獣対策・ジビエ活用強化 農水省など自民会合で報告

 自民党の鳥獣被害対策特別委員会や鳥獣食肉利活用推進議員連盟などは6日、合同会議を開いた。会合では関係省庁が鳥獣被害対策やジビエ関連予算の2019年度概算要求の主要事項を報告した。
 農水省関連では、捕獲や柵の設置、ジビエ利活用のモデル地区の取り組みなどを支援する鳥獣被害防止総合対策交付金に、本年度当初予算から17.3%増の122億円を充てた。情報通信技術(ICT)などを利用した捕獲技術などの開発を含む戦略的プロジェクト研究推進事業も、同20.5%増の41億円に拡充する。

 [2018-9-14]