カテゴリータイトル

農政の動き

すべての記事を読む

ため池1540カ所に陥没・亀裂 豪雨受け緊急点検 農水省

 農水省は6日、平成30年7月豪雨を受けて実施した全国ため池緊急点検の結果、36府県の1540カ所が堤体法面の陥没や亀裂などで危険な状態にあったと発表した。放置すれば危険と判断したため池には、土のうを積んだり水位を下げたりなどして、全カ所で応急措置を完了。災害復旧事業や補助事業を使い、今後さらに復旧していく。

 [2018-9-14]