カテゴリータイトル

経営 技術 流通

すべての記事を読む

MY STYLE 「分かち合いの心」作業受託は優先して 大分・竹田市 田んぼ屋のじり

山間地で水田450枚管理

 祖母山、阿蘇山、久住山と百名山に三方を囲まれる山間地で水田約450枚を管理する(株)田んぼ屋のじり(野尻徳勝社長、70)。台地上の地形に立地し、水の確保が難しい中、「分かち合いの心」で農業を営み、地域の担い手として作業受託は自社の仕事よりも優先してきた。地道な取り組みが評価され、2012年には大分県農業賞企業経営部門で最優秀賞を受賞した。

写真説明=地道な歩みを大切にする野尻社長

 [2018-9-14]