カテゴリータイトル

農政の動き

すべての記事を読む

入澤肇氏が死去 農地・構造政策に多大な功績残す

 元自民党参議院議員の入澤肇氏が9月18日、がんのため都内の病院で亡くなった。78歳だった。葬儀は近親者のみで済ませた。
 群馬県の出身。1963年(昭和38)旧農林省入省、構造改善局長、林野庁長官などを務めた。退官後、参議院議員へ転身。国政と農政への見識が高く、多方面で活躍。農地・構造政策の推進にも功績を残す。
 著書に「地域に根ざした農業構造改革の基本的方向」(全国農業図書ブックレット)など。

 [2018-10-5]