カテゴリータイトル

農政の動き

すべての記事を読む

防災重点ため池 新たな基準設定 農水省

 農水省は13日、2018年7月豪雨で32カ所のため池が決壊したことを踏まえ、防災重点ため池の新たな基準を設定した。同ため池を「決壊した場合の浸水区域に家屋や公共施設などが存在し、人的被害を与える恐れのあるため池」と定義し、家屋までの距離や貯水量などに応じて四つの基準を設けた。

 [2018-11-23]