カテゴリータイトル

農政の動き

すべての記事を読む

アジアGAPがGFSIに承認 日本の規格で初

 農水省は11月16日、日本GAP協会が運用するアジアGAP(農業生産工程管理)が、日本の食品安全規格としては初めてGFSI(世界食品安全イニシアティブ)に承認されたと発表した。GFSIは世界的な食品メーカーなどで組織する世界最大級の業界団体。食品安全規格にお墨付きを与えていて、GFSIが認めると海外での信用度が大きく上がる。GFSIはアジアGAPと同時に、食品製造業での国産認証規格のJFS-Cも承認した。

 [2018-12-7]