カテゴリータイトル

農政の動き

すべての記事を読む

農用地区域の農地面積402万ヘクタール

 農水省は昨年12月25日、2017年の農用地区域内の農地面積が全国で401万8千ヘクタールだったと発表した。農用地区域からの除外などが2万4千ヘクタール、編入などが1万4千ヘクタールとなったため、前年から合計で1万ヘクタール(0.2%)の減少となった。
 都道府県別に見ると、北海道が前年から2400ヘクタールと、最も多く増加。一方、最も減少したのは滋賀県で、700ヘクタール減だった。

 [2019-1-11]