カテゴリータイトル

農政の動き

すべての記事を読む

遊休農地解消など交付金の効果報告 農水省

 農水省の多面的機能支払交付金第三者委員会(座長=中嶋康博・東大大学院教授)は1日、2014年に開始した同交付金の評価を取りまとめた。取りまとめでは725ヘクタールの遊休農地の解消、1.3万〜3.3万ヘクタールの遊休化の抑制などの効果を報告。水路や農道の整備など地域の共同活動を維持しながら、担い手への農地集積に貢献している点も評価した。

 [2019-3-8]