カテゴリータイトル

経営 技術 流通

すべての記事を読む

【話題】都内で「美味!ぎふーどフェア」 岐阜県農業法人協会会員11社がPR

 岐阜県農業法人協会とJA岐阜信連は共同で、2月26、27日と3月1、2日の4日間、都内で「美味!ぎふーどフェア」を開いた。県法人協会会員の11社が出展。4日間で約3300人が来場し、県産農畜産物をPRした。
 県農業法人協会とJA岐阜信連は2017年3月に、包括的パートナーシップ協定を締結。同協定には農林中央金庫名古屋支店、JA県中央会も参加する全国でも初の試みだ。
 農業経営者向けセミナーなどの活動はしていたが、イベントを開くのは今回が初めて。同信連の桑原智洋副審査役は「地産都消が今回のキーワード。岐阜の魅力ある農産物を首都圏でアピールし、今後の販路拡大につながれば」と話す。
 出展した水田40ヘクタールなどを経営する(株)LSふぁーむの村上雅友農場長(30)は「昨年春頃に商品化した煎餅を持ってきた。消費者の生の声を聞ける絶好の機会。意見を基により良い商品を作りたい」と笑顔を見せた。

写真説明=自社の米を加工した煎餅をPRする村上農場長

 [2019-3-8]