カテゴリータイトル

鳥獣害対策

すべての記事を読む

【ストップ鳥獣害】(164) 独自の「信州ジビエマイスター」制度 長野県

 長野県はジビエのおいしさを発信できる料理人を、独自に「信州ジビエマイスター」として認定している。県内の飲食業者などが対象で、筆記と実技の試験に合格することが条件。2013年に開始し、これまでに107人のマイスターが生まれた。
 認定を受けると、県が配布する認定書を店舗に掲示できる。「安全性、おいしさともにお墨付き。安心して食べられる」と利用客から好評だ。
 年に1度の講習会で認定する。1日目は衛生面の注意事項やシカ肉の部位ごとの特徴、適切な処理方法、メニュー作りのポイントなどを講義した上で、筆記試験をする。2日目の実技試験では受講者がシカ肉を自由に料理し、プロの料理人が安全性や味などを見ながら合否を判定する。

写真説明=講習会では調理方法を実演指導

 [2019-3-8]