カテゴリータイトル

農政の動き

すべての記事を読む

信州ジビエの普及へ 長野・富士見町に国産ジビエ認証施設

 農水省は3月29日、長野県富士見町の「信州富士見高原ファーム」が国産ジビエ認証施設第3号に認証されたと発表した。同施設は年間259棟(2017年度)のシカを処理し、県内外の飲食店やJA全農、小売り大手のイオングループなどに精肉を供給。県のガイドラインに基づく品質・衛生管理を徹底し、県の独自ブランド「信州ジビエ」の普及を進めている。

 [2019-4-12]