カテゴリータイトル

経営 技術 流通

すべての記事を読む

【情報BOX】安全安心の刈払機アタッチメント (株)アイデック

 農研機構は刈払機による飛散物の比較試験を実施し、(株)アイデックの刈払機アタッチメント「スーパーカルマーPRO」=写真上=の飛散低減効果が明らかになった。
 試験成績書では、同製品は「従来の金属刃と比較して、飛散物の個数を80〜90%低減させ、飛散物の速度を3分の1に低下させる効果がある」とし、刈り取り作業中に生じる飛散物による周囲の人や車両への被害が軽減できると結論付けた。
 刈払機は最も身近な草刈り用機械で、効率的な作業には不可欠な存在だ。しかし、使い方を誤ると重篤な事故につながる恐れがあり、消費者庁は正しい使用を呼びかけている。
 国民生活センターによる飛散テストでは、高速回転する刈刃に接触した小石は最大時速130キロで50メートル以上先まで飛散するという結果になった。実際、飛び石が周囲の人や物を傷つけたり、作業者が負傷した事例が多数報告されている。
 同社は「草刈り作業における事故を未然に防ぐ」というコンセプトのもと、同製品を開発。飛び石による物損事故・切創事故を防ぐため「減速駆動ギヤシステム」と「上下刃逆回転ハサミ刈り方式」を採用した。
 市販の刈払機に取り付けて使用でき、障害物や石が多い場所、水田の水際除草など事故が起こりやすい場所での作業に適する。
 全国のシルバー人材センターや国土交通省が道路維持管理の現場=写真下=で導入するなど、プロアマ問わず安全安心な草刈り作業に貢献している。
〈問い合わせ〉
(株)アイデック
電話0790・42・6688

 [2019-4-12]