カテゴリータイトル

農政の動き

すべての記事を読む

2019年産米 作付け前年並み見通し 4月末意向

 農水省は5月28日、2回目となる2019年産米の作付け意向(4月末時点)を公表した。18年産の実績と比較した都道府県での主食用米の作付けは、前年並みが32件、減少傾向が15県。増加傾向の県はなかった。これを受け、同省は全体としては前年並みとの見通しを示した。併せて、地域農業再生協議会別の作付け動向も公表した。
 前回調査の2月末から動いたのは14件。鹿児島は増加傾向から前年並みに転じた。北海道、青森、岩手、福島、千葉、富山、石川、島根、香川、佐賀、宮崎の11道県が前年並みから減少傾向に移った。一方、栃木と群馬は減少傾向から前年並みとなり、2月末時点より作付けが増える見込み。

 [2019-6-7]