カテゴリータイトル

東日本大震災

すべての記事を読む

都内で福島応援産直フェア さくらんぼ、米店頭に

 福島県の旬の農産物を首都圏で販売、PRする「ふくしま応援産直フェア」が6月27〜29日に東京・JR秋葉原駅で行われた。JR東日本の協力のもと、JR全農福島や福島県などが催した同フェア。店頭には、同県産のさくらんぼや米などをはじめ、多数の農産物・加工品が並べられ、多くの人が足を止めていた。
 風評被害に苦しむ福島県の支援を目的とした同フェアは、7月以降も秋葉原駅で行われる予定。また、JR東日本が上野駅に構える地産品ショップ「のもの」(7月25〜8月14日開催予定)でも同県産品の販売や観光PRを行い、消費拡大を目指す。

 [2012-7-6]