カテゴリータイトル

経営 技術 流通

すべての記事を読む

ワクチンでマダニ退治 農研機構 動物衛生研究所、防除技術を開発

 農研機構動物衛生研究所で、牛などの外部寄生虫として恐れられるマダニのワクチンによる駆除の研究が進んでいる。宿主の抗原抗体反応を利用してマダニの吸血機能を阻害。残留による環境汚染などの心配もなく、殺ダニ剤に代わる新たな防除技術としての利用が期待される。

写真上=マダニの吸血メカニズム

写真下=(右)飼育中の若ダニ(茨城県つくば市の農研機構動物衛生研究所で)(左)吸血後7日たち飽血状態となったマダニ

 [2014-2-28]