カテゴリータイトル

東日本大震災

すべての記事を読む

村で再び農業を 震災から3年 避難続く福島・飯舘村

 東日本大震災から間もなく3年。今年も3月11日が訪れる。被災各地で営農再開の旗が立ち上がる一方、東京電力福島第一原発事故に苦しむ福島県は依然として先行き不透明だ。故郷を追われた避難者は県内にいまだ13万人以上。いつ戻れるのかも分からない状態で、それでも地域再生に挑む農業委員がいる。

写真上=「協働」の力でサツマイモの試験栽培(昨年6月)

写真下=フレコンバッグの前で村の窮状を訴える菅野会長

 [2014-3-7]