カテゴリータイトル

農政の動き

すべての記事を読む

自民PTが新たにチーム 規格・認証など検討 競争力強化の基盤に

 自民党の農林水産業骨太方針実行プロジェクトチーム(PT、小泉進次郎委員長)は14日、新たに同PT内に立ち上げた「規格・認証等戦略検討チーム」の第1回会合を開いた。座長には武部新氏が就任した。
 同チームでは、GAP(ギャップ)をはじめとする食品安全や持続可能性などに関する規格・認証・知財を日本農業の競争力強化の基盤と位置づけ、その普及や環境整備について農業者の視点に立って検討を進める。5月中ごろをめどに中間報告案を取りまとめる見通し。

 [2017-4-21]