カテゴリータイトル

経営 技術 流通

すべての記事を読む

FRONT LINE トマトに生産者がネーミング 山梨・中央市 農産物直売所「た・から」

差別化図れ人気に

 山梨県中央市の農産物直売所「た・から」では、生産者が独自に名前を付けたブランドトマトが並ぶ。同市は県内一のトマト産地で40人ほど出荷するため、差別化を図ろうと5〜6人が取り組むもの。名前を入れ、工夫を凝らしたパッケージやポップは客の目を引き、売れ行きが好調だ。

写真説明=「日陽フルーツトマト」はまだ出荷量が少ないが、開店後数分で完売した

 [2017-4-21]