カテゴリータイトル

農政の動き

すべての記事を読む

国内農機メーカーに9月に低価格化提言 資材事業研究会

 JA全農と農業者団体で組織する生産資材費低減に向けた資材事業研究会は8日、都内で記者会見を行った。会見では、9月に国内の全ての農機メーカーに対して、大型農機などの低価格化を求め提言することを明らかにした。
 提言には、大型トラクターの機能を簡素化することで価格引き下げにつなげるよう盛り込む見通し。研究会ではこれまで簡素化した農機の実証実験などを行い、実用は可能と判断した。

 [2017-6-16]