カテゴリータイトル

経営 技術 流通

すべての記事を読む

気になる野菜 単為結果性ナス品種「あのみのり」「あのみのり2号」

 農研機構野菜花き研究部門は、栽培現場からの強い要望に応え、単為結果性ナス育種に取り組み、これまでに「あのみのり」および「あのみのり2号」を育成した。単為結果性とは、受精しなくても果実が着果・肥大する性質である。低温期のハウス栽培などにおいて、開花した花への植物ホルモン剤処理や訪花昆虫利用が不要なため、ナス栽培を楽にすることができる。

写真説明=「あのみのり2号」の果実

 [2017-8-11]