カテゴリータイトル

農政の動き

すべての記事を読む

鳥獣被害対策体制を強化 農水省が2018年度組織・定員要求

 農水省は8月31日、2018年度の組織・定員要求を発表した。鳥獣被害対策での担い手確保や捕獲強化のため、現行の農村環境課を「鳥獣・農村環境課(仮称)」に名称変更する。捕獲鳥獣のジビエ活用の体制も強化する。農業競争力強化に向けては、GAP(農業生産工程管理)取得や生産資材価格の引き下げ、収入保険制度導入のための体制を充実させる。また、高収益作物への転換などを目指す土地改良事業や農地・農業用施設での災害対策の体制も強化する。

 [2017-9-8]