カテゴリータイトル

経営 技術 流通

すべての記事を読む

戦略的 水田農業(22) 第4部 稲作依存からの脱却(3) 徳島・阿波市 JA阿波町

ブロッコリーへの転換進む

 吉野川流域に水田地帯が広がる徳島県阿波市のJA阿波町管内では、ブロッコリーの栽培面積が2010年の62ヘクタールから2016年には160ヘクタールへと2.6倍に拡大した。JAの部会員は同193人から300人に増えるほどの人気作目だ。
 同JA管内では以前から水稲の裏作でレタスやホウレンソウなどがつくられてきたが、ブロッコリー拡大の契機となったのは転作率の拡大と米価の低迷だ。

写真説明=ブロッコリーの移植作業で忙しい酒巻さん

 [2017-9-8]