カテゴリータイトル

農政解説

すべての記事を読む

都市農地貸借の新法案 来年4月施行目指す 農水省

 自民党の農林・食料戦略調査会と農林部会は9月21日の会合で、相続税納税猶予が適用された都市農地の貸借を可能とする「都市農地の貸借の円滑化に関する法律案」などを了承した。農水省は次期臨時国会で同法案を成立させて来年4月にも施行したい考えだが、衆院の解散により審議日程が不透明となっている。同党では法案の早期成立を衆院選の公約に盛り込む方針だ。

 [2017-10-6]