カテゴリータイトル

農政の動き

すべての記事を読む

JA全農、飼料価格値下げ

 JA全農は9月22日、2017年10〜12月の配合飼料供給価格を前期(7〜9月)に対し、全国全畜種総平均でトン当たり約400円の値下げを決定した。米国・シカゴの先物取引でのトウモロコシや大豆かす価格の値下がりを受けた。一方、一部の畜種や銘柄は大麦価格などの値上がりに伴い値上げする。

 [2017-10-6]