カテゴリータイトル

経営 技術 流通

すべての記事を読む

遠隔操作や自動制御 水田の水管理を省力 農研機構がシステム開発

 農研機構農村工学研究部門は、水田の水管理を遠隔操作や自動制御できるシステムを開発した。水位や水温を計測し、設定した水位になるように給水バルブと排水口を自動で開閉するもの。本年度中に発売予定で、水管理の作業時間は約85%削減すると見込まれている。

写真説明=システムを取り付けた給水バルブと開発者の若杉さん

 [2017-10-6]