農業委員統一選--新体制整う

 改正農業経営基盤強化促進法が9月1日に施行されたが、同法の執行に大きな役割を果たす都道府県農業会議の執行体制が整った。7月10日(沖縄県は9月)に行われた第19回農業委員統一選挙の結果を受けたもので、道県で新会長が就任した。

 農業委員会組織は、新たな食料・農業・農村基本計画で「優良農地の確保と有効利用」「担い手の確保・育成」など、農業構造改革での役割が位置づけられており、組織の中核となる農業会議における新体制の整備が待たれていた。

 都道府県農業会議会長(敬称略、「新」は新任9月1日現在)

 ▽北海道・藤野昭治(新・富良野市農業委員会会長) ▽青森県・成田昇(新・弘前市農業委員会会長 )▽岩手県・中野昌造(学経) ▽宮城県・中村功(新・県議会議員) ▽秋田県・二田孝治(衆議院議員) ▽山形県・岸宏一(参議院議員) ▽福島県・太田豊秋(参議院議員) ▽茨城県・葉梨衛(美浦村農業委員会会長) ▽栃木県・五味仙衛武(宇都宮大学名誉教授) ▽群馬県・大林喬任(群馬県農業改良普及事業協議会会長) ▽埼玉県・並木源榮(新・久喜市農業委員会会長) ▽千葉県・石井利孝(県議会議員) ▽東京都・波多野重雄(学経)  ▽神奈川県・三好吉清(神奈川県園芸協会会長) ▽山梨県・塩島學(三珠町農業委員会会長) ▽岐阜県・上松忍(岐阜市農業委員会会長)▽静岡県・黒田淳之助(新・大井川右岸土地改良区理事長) ▽愛知県・吉川博(愛知県土地改良事業団体連合会会長) ▽三重県・堀江順一(名張市農業委員会会葡キ) ▽新潟県・中野長衛(新潟市東農業委員会会長) ▽富山県・松井信勝(富山県農業共済組合連合会会長) ▽石川県・西田耕豊(川北町農業委員会会長) ▽福井県・奈須田和彦(芦原町長) ▽長野県・石田治一郎(新・県議会議員) ▽滋賀県・山本俊一(滋賀県土地改良事業団体連合会副会葡キ) ▽京都府・草木慶治(京都府農業共済組合連合会会長) ▽大阪府・井川勝巳(学経)▽兵庫県・十倉嘉之(学経) ▽奈良県・増井勲(新・学阜o) ▽和歌山県・西川泰弘(新・貴志川町農業委員会会長) ▽鳥取県・竹中登(鳥取県農業協同組合中央会会長) ▽島根県・門脇吉巳(新・安来市農業委員会会長) ▽岡山県・片山虎之助(新・参議院議員) ▽広島県・児玉更太郎(新・安芸高田市長) ▽山口県・林哲也(下関市北部農業委員会会長) ▽徳島県・四宮肇(学経) ▽香川県・白川精(観音寺市農業委員会会長) ▽愛媛県・池田忠幸(県議会議員) ▽高知県・小松雅(高知県土地改良事業団体連合会会長) ▽福岡県・小柳善治(福津市農業委員会会長) ▽佐賀県・松田孝雄(佐賀市農業委員会会長) ▽長崎県・吉田倉雄(西有家町農業委員会会長) ▽熊本県・宮崎暢俊(小国町農業委員会会長) ▽大分県・森田克巳(大分県土地改良事業団体連合会会長) ▽宮崎県・金丸一(新・前宮崎市農業委員会会長) ▽鹿児島県・久永豪(さつま町農業委員会会長) ▽沖縄県・比嘉正行(会長職務代行)

(2005/09/16)


<全国農業新聞TOPへ>    <全国農業会議所TOPへ>