農業用ハウスの底面を全面コンクリート張りした場合の取り扱いが見直されました

Top >> 農業用ハウスの底面を全面コンクリート張りした場合の取り扱いが見直されました

ハウス等の底面を全面コンクリート張りにしても、農地転用許可のいらない仕組みが新設!

平成31年1月18日刊行。
農業用ハウスなど、コンクリート等で地固めをして耕作できない土地は、農地に該当せず、農地転用の許可が必要でしたが、その取り扱いが見直され、あらかじめ農業委員会に届け出れば、転用許可が不要となる仕組みが設けられました。
新たな仕組みを、「取り扱い見直しの背景と概要」「新たな仕組みに該当する施設(農作物栽培高度化施設)の基準」「届出から設置までの手続き」「栽培状況の確認」「違反転用の場合の手続き」の内容で解説、届出の主な様式例も掲載して、仕組み全体が理解しやすいように整理したリーフレットです。
農業委員・推進委員など農業委員会関係者はもとより、市町村等の関係機関・団体、担い手農業者等への周知と、仕組みを活用する際の説明資料としても活用するなど、円滑な運用に欠かせないリーフです。


図書コード 30-30
定価 75円
規格 A4判・6頁

〜目次〜

■ 取り扱い見直しの「背景」
■ 取り扱い見直しの「概要」
■ 「農作物栽培高度化施設」の「基準」
■ 「農作物栽培高度化施設」の届出から設置までの手続き
■ 農作物の栽培状況の確認等
■ 違反転用を把握した場合の手続き等
■ 様式例
農業用ハウスの底面を全面コンクリート張りした場合の取り扱いが見直されました Image
ご注文はこちらから

Copyright (c) 2005 NCA Co., Ltd. All rights reserved