全国農業会議所

農業技能評価試験

農業技能評価試験とは

農業技能評価試験は、公益財団法人国際研修協力機構(JITCO)認定の公的評価システムで、全国農業会議所が実施しています。

外国人技能実習生が「技能実習1号」から「技能実習2号」へ移行するためには、農業技能評価試験(初級)を受験し、合格することが必要です。

1 試験実施機関

全国農業会議所

2 対象職種・作業(2職種6作業)

  • 耕種農業:「施設園芸」、「畑作・野菜」、「果樹」(平成27年4月1日より追加)
  • 畜産農業:「養鶏」、「養豚」、「酪農」
施設園芸・・・
温室やビニールハウス等の施設を利用して行う園芸作物の栽培作業
畑作・野菜・・
畑(露地)で行う作物を組み合わせた周年栽培作業
果樹・・・・・
果樹園(温室等の施設利用を含む)を利用して行う果樹
(その果実が食用に供される永年作物)の周年栽培作業
養豚・・・・・
豚を家畜として飼養する作業(繁殖作業、肥育作業等を含む)
養鶏・・・・・
採卵用鶏(うずら、アヒル等は除く)の飼養および採卵作業
酪農・・・・・
乳牛(将来の搾乳を目的とする子牛を含む)の飼養および牛乳の生産作業

3 試験方法

(1)
試験科目:学科試験と実技試験
(2)
使用言語:すべて日本語
試験問題は、口語体ひらがな、分かち書き(語と語の間を開けた書き方)で、ヘボン式ローマ字を併記してあります。
学科試験では試験官が試験問題を読み上げます。

(3)
試験会場:外国人技能実習生の居住地等を勘案して決定します。

4 受験の申込方法

「農業技能評価試験受験申請書」に必要事項を記入のうえ、顔写真を貼り付けるとともに、添付書類として「在留カード」の写し、「パスポート」の写しを裏面に貼り付けて、全国農業会議所に申し込みます。

詳細はこちらの「受験(初級)の申込方法」をクリック

5 受験料

受験料は1人当たり15,400円(学科試験5,100円、実技試験10,300円)。

なお、全国農業会議所が指定した試験会場以外の受験では、受験料のほかに交通費の実費等を徴収する場合があります。

6 合格者等の決定

受験者には試験結果通知書を送付します。合格者には農業技能評価試験合格証明書を交付します。

7 不合格者の再試験

不合格者は、希望すれば、再試験を1回に限り受けられます。再試験の受験料は1回目と同額ですが、受験料のほかに交通費の実費を徴収する場合があります。

8 欠席者の取り扱い

欠席の理由が健康上の理由等、全国農業会議所が認めた場合に限り再試験を認めます。