カテゴリータイトル

農政の動き

すべての記事を読む

経営のお悩みお伺いします 農水省が窓口設置

 農水省は2日から農業者の経営相談に対応する「農業経営の総合的な相談窓口」の試験運用を始めた=写真。12月6日まで全国5カ所で実施する。
 2日は石川県金沢市で開催した。事前予約した7組が訪れ、雇用対策や経営継承などの悩みを専門家チームに相談した。専門家チームは、行政、税理士、社会保険労務士、日本政策金融公庫の22人。
 同省の森田健児経営政策課長は相談対応の終了後、「農村地帯の高齢化が進む中で、法人化や経営継承などの農家の悩みを行政が責任を持って解決しなければならない。最後の政策手段として一番効果的だと考えている」と話した。
 同省では、来年度から相談窓口の「農業経営相談所(仮称)」を全都道府県に設置する意向としている。相談内容に応じて、専門家のチームを組み、農業者を直接支援していく。

 [2017-11-10]