カテゴリータイトル

農政の動き

すべての記事を読む

加工原料乳補給金制度が改正

 改正畜産経営安定法の政省令が10月27日に公布され、加工原料乳生産者補給金制度の改正の内容が決定した。これまで指定生乳生産者団体(指定団体)に出荷する生産者のみに限られていた補給金の交付対象は、計画的に乳製品向けに仕向ける全ての生産者にまで拡大。条件不利地などからの集送乳を拒まずに行う事業者には、指定を受ければ補給金と併せて「集送乳調整金」を支払うとした。
 新制度は来年4月に開始する。制度移行に先立ち、補給金の交付には年間販売計画の事前提出、集送乳調整金の交付には指定を受けるための申請などの手続きが必要となる。農水省は同日からホームページ上に問い合わせ窓口を開設し、生産者などの相談を受け付けている。

 [2017-11-10]